2017年05月07日

瞑想について

CIMG7988.JPG
私はクリシュナムルティをかなり読んでから

今まで自分が確実に「真実」だと思っていた

色々な観念がいかに馬鹿げだ幻想であったのか

ということを思い知らされることになった。


彼は「修行」やスピリチュアルクラスなどで行われる

いわゆる「瞑想」が、ただ精神を鈍く愚かにする

だけで、背筋を伸ばしたり、規則正しく呼吸したり

「守護霊」に会ったりマントラを唱えたり。。。

と言ったことがいかに時間の浪費であるかと言っている。


それを読んだとき大変ショックを受けた。

何故ならその世界に自分が身を置いていたからだ。

彼はこうしたことすべてを脇へのけてしまう。


私はまだまだ不勉強なので、霊魂の存在とか

不思議体験とかそういったものはあったのだし、

霊界はあるとか、それは誰にも証明はできない事で

それを否定もせず、肯定もせず、そのままあるがままに

放っておけばいいと思うようになった。


何故なら「霊界うんぬん」を言うよりずっと以前に

自分が死ぬことなどありえない、とわかったからだった。

CIMG8077.JPG


けれども瞑想についての彼のその言葉の真の意味は

少しづつではあるがわかりかけてくるようになった。


通常の瞑想ではある規定通りの呼吸をして心を静めてから、

先生の指導によってある一定のイメージを心に浮かばせ

そのイメージの世界で「自分が」ある意味「行動」する。

その世界で「守護霊」に会ったり、守護霊から贈り物を

もらったり、啓示を受けたりする。


しかしいま真に自分に正直になって考えると

それらはすべて自分の想像の世界に過ぎなかった。

瞑想中に「会った」「守護霊」とはすべて

自分の無意識または想像力の産物だったのだ。


太ったおじいちゃんや薄物を着た美女。。。

古代インデアンや、太古の魔術師。。。

すべては「自分」の世界であり、自分の経験

知識、苦しみ、悩み、不安。。。そこから

湧いてくる「映像」に過ぎなかった。


守護霊からもらったとするメッセージも

自分の潜在意識から湧いてくる「願望」だったり

自分が受けたい「慰め」だったりした。


つまりこの手の瞑想をすればするほど

自我=エゴがどんどん膨らんでいくことになり

私の心は一向に静まらないのだった。


断っておくと、これはあくまでも私の場合で

他の人の事は知らない。正真正銘「守護霊」に

会ったのだという人はいるかも知れない。

その人達のことまで私は何も言いいたくはない。


ただ私は自分が経験した事のみ正直に書いている

それだけのことだ。


だから少なくとも私が会ったのは正真正銘の

インチキ守護霊だった(笑)誠に情けない生徒だった。

スピリチュアリズムの勉強で私は実に不謹慎な生徒で

やめて大正解だったのだ、というのがこの頃やっとわかった。


クリシュナムルティが言う「瞑想」は普通の瞑想とは

全く違うものであり、私は現在はずっとそれを実行している。

それは呼吸を整えることでもないし、きちんと座る事や

背筋をのばして目を閉じることでもない。


それはけっこう難しく、うまくいかないことも多い。。。

たとえば一輪の花を見る時、本当にこの一瞬の

その花そのものを見て、何も思考や知識が無い時

そこにはただ花を見ることだけがある。


その時、この花はナスタチウムで和名はキンレンカ

葉も花も実も食べられる。。。などという「知識」が

お出ましになるとたちまちそこには思考が戻って

花そのものへの気づきがすっかり鈍ってしまう。


あなたは全く花を見ていない。知識に汚染された花を

見ているだけだ。そのようなものをすべて脇にどけて

生まれて初めてその花を見るように見て見る。


そこには純粋に見ることだけがあり、心は

限りなく鋭敏になり静かになる。

それと同時に自分の思考に注意をしていく。

思考がどのように動いてもそれを批判したり

なんとかしようとせず、それと共にあり

思考を無理に止めようとせずそのメカニズムを

理解していく。これが実に難しい。


こういったことがクリシュナムルティの「瞑想」だ。

花を見ているだけがある時、それは「存在」が

自分を通して花を見ているのだ。


もっとわかりやすく言えば、思考=自分が無い時

そこには神様がいるのだ。神様が私を通じて花を見て

神様が花の美しさを楽しんでいるのだ。神様という言葉は

誤解を招くのであまり使いたくはないのだが。


もし頭の中が「知識」や「世間体」や何かの「教義」や

「何かになろうとする意欲」すなわち「自分の事」で一杯で

新緑の木の葉一枚もじっくり見ることができないなら

彼の言う瞑想はできなくなってしまう。


けれどもうまくできると限りない平安がそこにある。

もう何も欲しがらず、何も求めず、ただあるがまま

ただそこに、この瞬間を見る「存在」だけがあり

「自分」はもうどこにもいない。


何故ならたとえば一輪の花を見る時、それと

ただ一つになった時、それを見ているのは

私という自我ではなく「存在」そのものだからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もアクセスありがとうございます。

うまく書けませんが、ただあるがまま書いてます。

わかっていただける人もきっといるでしょう。

















posted by おとめ at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリシュナムルティ

2017年05月06日

真実の人

CIMG7970.JPG

本はボロボロです(汗)



始めてクリシュナムルティを読んだとき

全く理解できず、ちんぷんかんぷんだった。


それ以上に「なんだかイケスカナイおっさんだな〜」

と思っていた。どうしてかと言うと、彼の著作には

ほとんど、と言っていいほど彼の顔写真が載っていて

「この人ナルシストじゃないの?」と思ったからだった。


けれども読んでいくうちに「すごい事を書いている」と

段々にわかってきて、その後はもっと次々読みたくなった。


たとえば彼は「絶対的な平等」について書いている。

それは共産主義とも社会主義とも違う。

それはただの物質的な平等を目指したに過ぎない。

そして失敗した(当然)集団エゴの残骸だ。


彼はどんなイデオロギーからも自由だ。

どんな宗教からも自由だ。「神」からでさえ。

それと同時に人間に不幸や苦しみをもたらすもの

ありとあらゆる苦しみの根源を見つけ出し

その息の根をとめようとした人だった。


彼の洞察は鋭く、時に読者に厳しい行動を要求する。

しかし貫かれているものはただただ人への愛だ。


始めてクリシュナムルティを読む人で、すぐに

彼の書いていることを理解できる人は稀だろう。


けれどももしあなたが真に心が平安であるとは

どういうことなのかを知りたいのなら。。。。

「存在」について知りたいのなら。。。

インチキやごまかしや詐欺や嘘、から解放され

まっとうで純粋な霊的真理を知りたいのなら、

彼の著作をめげずに読んでいってほしい。


めげずに、というのは彼はあなたが自分自身の中の

一番見たくないものを見なさいと言うからだ。


そうすればそのうちに彼の言葉が真実であること

ただ真実だけを書いているのだ、という事がわかる。

冬にゆっくりと氷が解けていくように。。。。。


彼は若い頃から90才で亡くなる直前まで

どの著作でもブレずに大体同じ事を貫いているので

自分に読みやすいものから入るといいと思う。


彼は若い頃、神智学と関係したある団体の救世主

に祭り上げられたトップですらあった。神智学は

日本のスピリチュアリズムの元を作った浅野和三郎や

今の時代では江原啓介などに影響を与えたとされる。


自らそこを解散したのはさぞ勇気のいることだったろう。

彼は「組織」を作る事を何よりも嫌った。


しかし実は彼は花や鳥と会話したり、意外にも

ヒーリングもできたひとだったという。


しかし彼はそういった事についてほとんど触れていない。

その能力のことはひた隠しにしていたようだ。


彼の著作を理解した時あなたはきっと知るだろう。

本当に自由になるとはどういうことなのか。

自分が存在するとはどういうことなのか。


また知識や教養というものがいかに真実を見る目の

大きなさまたげになるか。知識を並べ立てる人間ほど

真理を全くわかっていない、と彼は言う。


彼をいくら読んでも「どうすればあなたは幸せになるか」

という方法論は全く書いていない。いわゆる安易な

ハウツー本ではない。だからそういうものを求める人

にとっては彼の本は何の役にも立たないだろう。

彼はあくまでもあなたに自分の足で立つことを要求する。


何故なら「どうすれば〜になれるのか」という事自体

「今」の自分のあるがままを捨てて何かになりゆくことを意味し

そういうものを求めることがそもそも不幸の源泉だからだ。


それを理解した時人は本当に「あるがままに生きる」を知り

真の自由という事がどういうことなのかがわかる。


かれのあるがままは禅でいう「即今に生きる」と

全く矛盾していない。しかし彼は禅とは何の関係も無い。

インドの人だがインドの神々とも無縁だ。

キリストとも仏陀ともどんなグルとも無縁だ。

どんな偶像ともいわゆる「神」とも無縁だ。

悪魔とも天使とも罪や罰とも完全に無縁だ。


「本当のこと」とは宗教やイデオロギーを超えて

たった一つしかないのだということを人は悟る。

その時自分というものをそっくりそのまま愛し

同時に世界のすべてを愛することだろう。

何故なら世界はあなただからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もお読みいただきありがとうございます。

我ながら理屈っぽいこと書いてるな〜。

何かのエネルギーが入ってて止まらないんですよ〜。

フシギです。ま、あるがままってことで。








posted by おとめ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリシュナムルティ

2017年04月24日

神様〜。

CIMG7711.JPG
↑散歩道もやっと春の日差しになってきた。
この道をもう少し行くとクマちゃんが出没する林が。。。ww



科学では証明できない霊の世界がある、

なんてスピリチュアリズムで言ったりする。

でもそれはもう古い考えになりつつあるようだ。


今や科学では証明できないどころか

科学なしでは神も人間の真実も語れないのだ。

今もっとも神の領域に近づこうとしているのが

脳科学や量子力学だろう。


つまり量子力学の恩恵をこうむっているのは

あなたが肌身離さずもっているそのスマホ

だけじゃないってこと。


さらに人間にははじめから自由意思などなく

すべては源が操っているのだ、という事まで

科学で証明されつつあるのだ〜。

CIMG7716.JPG
↑姫踊り子草


科学者と対等に神の領域について徹底的に

果敢に話し合った人間がいる。


それがクリシュナムルティだ。

彼は決して「神」という言葉は使わないけど。


「基底」= ground と言っている。

「時間の終焉」という著書を手にした時

ここに書かれていることがいちいち納得でき

今までおぼろげだった靄のようなものが

はっきりと形になって現れた。


量子力学などで著名なデヴィッド・ボーム博士との

この洞察に満ちた対話をのめりこむように読んだ。

ボーム氏のこだわりのない自由な心にも感動。


時々どっちがクリシュナムルティでどっちが

ボームなのかわからないくらい一体となっていて。


知識、経験、宗教的な幻想、そのほかありとあらゆる

自分が行ってきたすべての活動を無価値だと認め

いわば人間としてリセットをすることでのみ

人は神=宇宙=源=基底そのものになる。。。


一切の区別がない世界、善悪、生死、希望さえも。

それは禅でいう空の世界の向こうにある。

人は元々そこにいるのだが、思考が生み出す

さまざまな欲望によって暗闇の世界にいる。

そして生老病死によって苦しむ。


こんな何行かの文章ではとても書けないけど。

とにかく圧倒されてしまった。

渡辺充さんの翻訳も素晴らしく、解説も丁寧で

この本の影響力はすごかった。


生も無く死も無い世界だから

「あの世」なんて意味をなさなくなる。

CIMG7713.JPG

もちろん魂とかはあっても不思議ではないし

霊を見たり感じたりする人はたくさんいる。

私も(笑)

だって、手足があるでしょ、猫がいるでしょ、

霊があるでしょ、ってこと。


でもそこに大きな人間の我欲がある

ということに気づかないといけない

とつくづく思う。


亡くなった夫がそのまま元気でいてほしい。

どいう気持ちはもっともなことだけど、

でもそれは他の我欲と同じことなんだ。

とっても、とっても悲しいけど、そういうこと。


悟りを得たい、天国へ行きたい。。。

試験に合格させて下さいと神社へ行き

宝くじが当たりますようにと願う。。。

人間の欲には果てしがない。


霊魂は続いてほしいよ、当然。

あの世でもごはんを食べていて欲しいし

サッカーをしていて欲しい。

亡くなった人が容姿もそのままで、

綺麗な家に住んで。。。。


自分も愛する人も死んでからも

ずっと続いていってほしい。


クリシュナムルティは絶対そんな事は言ってくれない。

その我欲こそが苦しみの元だから。

それこそが私たちが源と離れてしまう原因だから。


なんのことはない、神社めぐりをして

願えば願うほど私たちは神様と離れてしまう。


時間もない、差別も、貧富も

善悪もない、始めも終わりもない

なんの区別もないところ。。。

それと精神が一体になった時

死はなんの意味ももたなくなると

クリシュナムルティは言っている。


死というものが無いと悟った時

人は限りなく自由になる。

最大の恐怖から解放される。

ただ果てしない「運動」だけがあり

それと一体となる。。。

CIMG7719.JPG


沢山の人がブックマークしているので

いい加減なことは書けないけれど

亡くなった人はどこへも行ってないと思う。

そこに神様はいるのかもしれない。


「神様」という言葉は誤解を招く。

それは大いなる父であり、絶対存在であり

白い服を着た怖そうなおじいさんでもある。

人によっては弁天様であり、菅原道真である。

そういったものは絶対に「基底」ではない。


対話形式なので難解なクリシュナムルティも

す〜っと読めるおすすめ本なのだ。

ご興味ある方はどうぞ:

J.クリシュナムルティ著 渡辺充翻訳
「時間の終焉」
コスモス・ライブラリー刊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もお読みいただきありがとうございます。

春を満喫しています♪






posted by おとめ at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリシュナムルティ