2012年08月28日

文香なるものをわらわも作らんとてみるなり

CAM_9784.JPG
ありあわせの材料で作った文香

ひと昔もふた昔も前に「ポプリ」なる西洋風の

匂い袋みたいなのが流行った時期があった。

香りのするものが大好きなので

私もけっこうはまった時期もあったけれど

ずっと以前に飽きてしまった。

けっこうお金もかかるし。

そこへいくと

今はやりのハーブのような

単品でのアロマセラピーのほうが

ずっといいと思う。

ナチュラルなラベンダーの香りなどは特に好き。

それに日本に昔からあるお香なども大好き。

やんわりとそこはかない香りと

リラックス効果もあるようで。

古い着物を扱っている関係で防虫対策にも

苦労するけれど、お香などは

化学防虫剤のような嫌味も無く

虫よけ効果もあるので大いに助かっている。

そんなお香の残りを利用して作った文香。

お香を細かく砕いて薄紙で包む。

これを買い置きの和紙や折り紙

綺麗なパンフレットや捨てられずにとっておいた

お気に入りの包装紙などに閉じ込める。

短時間でこんなにたくさんできちゃった〜。

手紙に添えるのはもちろん、箪笥の引き出しに入れたり

栞代わりにも。。。

中央辺りにある金魚のものは

ただ丸くきった紙にお香を入れて

周りを糊付けしただけ。

けっこう平安のお姫様になった気分。

優雅な昔を偲ばせるすばらしい日本の文化、文香

大切にしたいな〜

。。。。。。。。。。。。。。







posted by おとめ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな暮らし