2017年04月26日

読んだ本のリスト

*これまでに読んだ本リスト:あかさたな順・・・記入が追いつきませんがなるべくご紹介したいと思います。ヾ(=^▽^=)ノしつこいですが、私の評価はいい加減です。決してうのみにしないで下さい。また原書、洋書もかなり読んでいますが、ここには含まれていません。

評価一覧(詳しくはカテゴリ「読んだ本のリストについて」へ)

’17/04/23更新(あわてて更新中)(汗)
*************

◎素晴らしい本(噛めばかむほど味の出るスルメ本・座右の書など)

***とても面白かった

**面白かった

*まあ面白かった・時間つぶしにいいかも

△かなり退屈でくだらない

X読んで損した。時間返せ(笑)

**************


<あ>

タイトル・・・「愛は死を超えて―亡き妻との魂の交流」

著者・・・フィリップ ラグノー

出版社・・・ハート出版

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:始めに読んだ時は「そんな馬鹿な」と思ったが、今私は

   著者に近いことをしているから人生はわからない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「愛の宇宙方程式 」

著者・・・保江邦夫

出版社・・・風雲舎

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:良書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・あなたの世界の終わり

著者・・・アジャシャンティ (著)高木悠鼓 (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:自分が体験したことが何なのかやっとわかった。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「あの世からの帰還」

著者・・・マイクルセイボム(著)笠原敏雄(翻訳)

出版社・・・日本教文社

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:臨死体験を「医学的に」検証したさきがけとも言える本で

   今読んでも新鮮かつ論理的。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「あの世」が存在する7つの理由

著者・・・ジャン=ジャック・シャルボニエ

出版社・・・サンマーク出版

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:あの世を信じたくなる本

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・ありのままで生きる

著者・・・矢作 直樹&保江邦夫

出版社・・・マキノ出版

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・アルナーチャラ・ラマナ・愛と明け渡し

著者・・・ラマナ・マハルシ

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・あるがままに―ラマナ・マハルシの教え

著者・・・デーヴィッド ゴッドマン (編集)福間 巖 (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:一生かけてじっくり読みたい本

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「いかにして神と出会うか」

著者・・・J.クリシュナムルティ(著)中川 正生 (翻訳)

出版社・・・めるくまーる

ジャンル・・・2

評価・・・***

備考:だいぶ前に読んだ。またじっくり読みたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイトル・・・いかにして高次の世界を認識するか

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)松浦賢(翻訳)

出版社・・・柏書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:高橋巌先生の翻訳よりも軽くて読みやすい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)高橋 巌 (翻訳)

出版社・・・イザラ書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:上記と同じ内容だが高橋先生の文体は文学的で好き。

   霊的世界についてはじめて開眼させてくれた本。

   霊性開花の為の修行本でもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・生きがいの創造

著者・・・飯田史彦

出版社・・・PHP研究所(2012年)

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・生きがいの本質

著者・・・飯田史彦

出版社・・・PHP文庫(2001年)

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究

        40年の結論」

著者・・・レイモンド・ムーディ

出版社・・・ヒカルランド

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:よく研究したよね、この人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話

著者・・・ウェイン・リコーマン (編集)木 悠鼓 (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・◎+◎

備考:どうして今までこの本を読まなかったのか!という本があるが
   これがそれ。最初の数ページでたちまち引き込まれ夢中で
   読んだ。人生の悲しみ、苦しみが何であるか、どう対処
   すればよいか、何が真実なのか、自分とは何かを知りたい
   人へ。高木さんの翻訳もわかりやすい。

   でもスピリチュアリズムだけを堅く信じてる人には
   ちんぷんかんぷんかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・永遠の大道

著者・・・ジェラルディン・カミンズ(著)浅野 和三郎 (翻訳)

出版社・・・潮文社

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・エソテリック・プラクティス

著者・・・ダスカロス須々木光誦(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:日々実践できるダスカロス直々の教えを伝授してくれる本。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・永遠の別れ

著者・・・エリザベス・キューブラーロス/デヴィッド・ケスラー

     (共著)

上野圭一(翻訳)

出版社・・・日本教文社

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:死別の悲しみにこれほどぴったりよりそってくれる本を

   他に知らない。悲しみの対処療法として。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・死もなく、怖れもなく

著者・・・テイクナットハン(著)池田久代(翻訳)

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:ナットハンはベトナムの禅僧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<か>

タイトル・・・かいまみた死後の世界

著者・・・レイモンド・ムーディ(著)(翻訳)

出版社・・・評論者

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:臨死体験について研究、整理・論理的考察をし、世に始めて

問うた偉大な本。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・覚醒の炎―プンジャジの教え

著者・・・デーヴィッド・ゴッドマン (編さん)福間 巖 (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:プンジャジの本が読みたかったので嬉しい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・巨富を築く13の条件

著者・・・ナポレオン ヒル (著)(翻訳)

出版社・・・ きこ書房

ジャンル・・・1  

評価・・・X

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「神様につながった電話」

著者・・・保江邦夫

出版社・・・風雲舎

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:良書・おすすめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「神はいずこに」

著者・・・バーナデット・ロバーツ(著)大野龍一(翻訳)

出版社・・・日本経分社

ジャンル・・・6(宗教) 

評価・・・***

備考:まだ消化できていないが惹かれる本
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「神の慰めの書」

著者・・・M.エックハルト(著)相原信作(翻訳)

出版社・・・講談社

ジャンル・・・2 

評価・・・◎

備考:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「空と無我」

著者・・・定方晟

出版社・・・講談社

ジャンル・・・2 

評価・・・***

備考:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「クオンタムタッチ」

著者・・・リチャードゴードン

出版社・・・ヴォイス

ジャンル・・・1 

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「クオンタムタッチ2.0」

著者・・・リチャードゴードン

出版社・・・ヴォイス

ジャンル・・・1 

評価・・・*

備考:ヒーラーの為の実践書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・クジラと泳ぐ

著者・・・ダニエルジョセフ 鈴木真佐子 (翻訳) 

出版社・・・太陽出版

ジャンル・・・1 

評価・・・*

備考:ダスカロスは好きだけどダスカロス教はなあ〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「クリシュナムルティの神秘体験」

著者・・・J.クリシュナムルティ(著) 中田周作(翻訳)

出版社・・・めるくまーる

ジャンル・・・2 

評価・・・◎

備考:いつも読んでいたい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・健康と食事

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)西川隆範(翻訳)

出版社・・・イザラ書房

ジャンル・・・6  

評価・・・*

備考:ところどころ受け入れるのが難しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・原始仏典を読む

著者・・・ 中村元

出版社・・・岩波書店

ジャンル・・・1

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「こうして、思考は現実になる」

著者・・・パム・グラウト (著), 桜田直美 (翻訳)

出版社・・・サンマーク出版

ジャンル・・・1  

評価・・・△

備考:ミスターマリックの手品を見るように楽しめば人畜無害な本.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・小桜姫物語―霊界通信

著者・・・浅野 和三郎

出版社・・・

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「古神道<<神降ろしの秘儀>>がレムリアと

       アトランティスの魂を蘇らせる時 」

著者・・・保江邦夫

出版社・・・ヒカルランド

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:保江先生の著作では一番つまらなかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<さ>

タイトル・・・「最初で最後の自由」

著者・・・J・クリシュナムルティ (著)飯尾順生 (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・2 

評価・・・◎

備考:この本の意味がやっとわかって幸せだ
   原書"The first and last freedom"もおすすめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

著者・・・エックハルト・トール (著)あさり みちこ(翻訳)
              飯田史彦監修

出版社・・・徳間書店

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:げんなりするような翻訳のタイトルだが原書は名作。
   原題はPower of Now(「今」のパワー)だが
   飯田史彦氏の独断による「監修」はアマゾンでも不評を
   買っている。今だもって何故このようなことをしたのか
   理解不能。なるべく原文を読んだ方がいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・ザ・シークレット

著者・・・(著)(翻訳)

出版社・・・角川書店; 30版版 (2007/10/30)

ジャンル・・・1  

評価・・・X

備考:この種の本はすべてそうだが、富や金があっても

   不幸な時はどうするかについて書かれていない。ただただ

   物質や金があれば幸せだという前提の下で書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・The・禅

著者・・・原田雪渓(著)

出版社・・・柏樹社

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:著者のドイツ講演の翻訳らしく読みにくい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・三万年の死の教え

著者・・・中沢新一(著)

出版社・・・角川書店

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:カラー写真が随所にありわかりやすいチベットの
   死者の書の世界

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「時間の終焉」

著者・・・クリシュナムルティ(著)渡辺充(翻訳)

出版社・・・コスモスライブラリー

ジャンル・・・2 

評価・・・◎+◎

備考:この本なくして今後の人生はありえないだろう
   原書"The Ending of Time"も読んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「自己の心理学」

著者・・・水島恵一

出版社・・・社会思想社

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:興味深い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「思考は現実化する」

著者・・・ナポレオン・ヒル(著)田中 孝顕(翻訳)

出版社・・・きこ書房(1999年)

ジャンル・・・1  

評価・・・X

備考:どうぞお金と「ポジティヴシンキング」で幸せになってください(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・死後の存続

著者・・・モーリス・メーテルリンク(著)山崎剛(訳)

出版社・・・めるくまーる

ジャンル・・・1  

評価・・・

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「死について」

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)高橋巖(翻訳)

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:難解

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「死について」

著者・・・OSHO

出版社・・・めるくまーる

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:読み返したらなかなか良かった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「死ぬ瞬間」と死後の生

著者・・・エリザベス・キューブラー・ロス(著)鈴木晶(訳)

出版社・・・中央公論新社

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:良書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「自分でできる霊性開花 」

著者・・・開堂慈寛

出版社・・・道出版

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「シュタイナー入門」

著者・・・小杉英了

出版社・・・ 筑摩書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:良書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「視霊者の夢」

著者・・・イマヌエル・カント(著)金森誠也(訳)

出版社・・・講談社

ジャンル・・・2  

評価・・・

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「シルバーバーチの霊訓」

著者・・・

出版社・・・

ジャンル・・・  

評価・・・?

備考:沢山読みましたがまだ好きになれません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「死んでる場合じゃないよ あの世飛行士」

       [予約フライト篇]

著者・・・保江邦夫&木内鶴彦

出版社・・・ヒカルランド

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:木内氏の体験のすごさ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「神智学」

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)高橋 巌 (翻訳)

出版社・・・イザラ書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:シュタイナーの著作の中でも好きな本

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「人生を、もっと幸せに生きるために」

著者・・・ジェームズ ヴァン・プラグ

出版社・・・エンジンルーム

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・神道の神秘−古神道の思想と行法

著者・・・山蔭基央

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1 

評価…**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・「神秘学概論」

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)西川隆範(翻訳)

出版社・・・イザラ書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「正法眼蔵」

著者・・・道元

出版社・・・あれこれ

ジャンル・・・2

評価・・・◎x3(笑)

備考:これをすべて読みこなすことは難しい。
   でもやってるから(涙)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「真理の言葉」

著者・・・ダスカロス(著)須々木光誦(翻訳)

出版社・・・エドコム

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:私にとっては聖書のような本だった。難解だがそれは
   独自の用語の為で,ある程度慣れれば内容は入ってくる
   ようになる。が、ダスカロスを崇めているわけでは無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タイトル・・・「スタンフォードの人生観が変わる特別講義 
        あなたのなかに、全世界がある 」

著者・・・ジッドゥ・クリシュナムルティ(著) 中川 吉晴 (翻訳)

出版社・・・PHP研究所

ジャンル・・・2 

評価・・・◎

備考:はじめは全く理解できなかった。それが今は!
         一人でも読者が増えますように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「スピリテッド」

著者・・・レベッカ・ローゼン(著)みずさわすい(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット社

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:日々の瞑想や高い存在とつながる方法をやさしく説いた本。

   ローゼンは現役ミディアム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「精神科学から見た死後の生」

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)西川隆範(翻訳)

出版社・・・風涛社

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:シュタイナーの中では比較的読みやすい。本当の供養が

   何であるかも教えてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「生の全体性」

著者・・・J.クリシュナムルティ(著)

出版社・・・平川出版社

ジャンル・・・2 

評価・・・***

備考:面白いが古い本で読みずらい。ボーム博士がいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・スピリチュアリズム

著者・・・ 苫米地英人

出版社・・・にんげん出版

ジャンル・・・1  

評価・・・△

備考:支離滅裂な知識の寄せ集めできちんとした批判になっていない
   ハンパな知識が悪さをする好例

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「スピリチュアル作法」

著者・・・小松賢次

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・△

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「生と覚醒のコメンタリー」

著者・・・J.クリシュナムルティ (著), 大野 純一 (翻訳)

出版社・・・

ジャンル・・・1 

評価・・・◎+◎

備考:原書Commentaries on Living 私には人生最大の必読書だが
   なにせ何巻もあるので本代が。翻訳にも問題があるようなので
   もっぱらネットで原書を読んでいる。
   参考:英語がわかる方にはおすすめサイト:
   JidduKrishnamurti.net
   クリシュナムルティがタダで読めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「セスは語る―魂が永遠であるということ」

著者・・・ジェーン・ロバーツ (著)紫上 はとる (翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット (1999/06)

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:すばらしいが謎も多い。私にはワクワクする本

・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・前世療法

著者・・・ブライアン・L. ワイス (著)), 山川 紘矢・亜希子 (翻訳)

出版社・・・PHP文庫

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:80年代に読んだ。以前はソウルメイト信じていたっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「禅の現代化」

著者・・・松崎義雄

出版社・・・水書坊

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:「空」の世界についてわかりやすく書いてある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「ソフィーの世界」

著者・・・ヨースタイン ゴルデル (著)池田 香代子 (翻訳) 

出版社・・・日本放送出版協会 (1995/06)

ジャンル・・・2   

評価・・・◎ 

備考:哲学アレルギーだった自分を開眼させてくれた本。
   最初からワクワクの連続で不思議の国のアリス感覚で
   楽しく哲学の世界へいざなってくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・

<た>

タイトル・・・魂について

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)高橋巖(翻訳)

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:難解

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「魂の伴侶―ソウルメイト」

著者・・・ブライアン・L. ワイス (著)), 山川 紘矢・亜希子 (翻訳)

出版社・・・PHP文庫

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:この世での自分の役割について開眼させてくれた本   
   今はあまり信じてないけどね(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・誰も書けなかった死後世界地図1〜3

著者・・・A.ファーニス(著 )岩大路邦夫(訳 )

出版社・・・コスモトゥーワン

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:100%信じなければ娯楽読み物としては面白い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・誰にも迷惑をかけない最期を迎えるために

著者・・・松原惇子

出版社・・・河出書房新社

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:良い事を書いているのだが救われる人は少ないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・誰も死なない

著者・・・J.マーチン

出版社・・・光文社

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:伝説のミディアム、ジョージアンダーソンについての書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「つかめないもの」

著者・・・ジョーントリフソン(著) 古閑博丈(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:今ここのあるがままをわかりやすく書いた好著だと思う。
   私はこの本を読んでいて強烈な覚醒が起こった。
   (すぐ消えたけど)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「テオゾフィー神智学」

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)松浦賢(翻訳)

出版社・・・柏書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「天国からの手紙―愛する家族との18年間の霊界通信」

著者・・・武本昌三

出版社・・・ 学研パブリッシング

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:英国霊媒との話や航空機事故で家族二人を失った著者の運命

   に向き合う一途な姿勢に胸打たれる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「天国の住民が教えてくれること」

著者・・・ポール・ミーク(著)小野千穂(翻訳)

出版社・・・新紀元社

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:心の友であるかっくんさんにすすめられて読み大感激した本

   本当のミディアムってこんな人?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<な>

タイトル・・・「なぜ人は生まれそして死ぬのか」

著者・・・大門正幸(著)

出版社・・・宝島社

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「なぜ、悪いことが起こってしまうのか?」

著者・・・ゴードン・スミス

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「何が起こっても絶対幸せでいる方法」

著者・・・ロバートシャインフェルド(著)栗原弘美(翻訳)

出版社・・・ヴォイス

ジャンル・・・ 1 

評価・・・◎

備考:なるほどこういうアプローチの仕方もあるのか。

   軽い本だと思ったがけっこう読ませる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「何でもないものがあらゆるものである」

著者・・・トニーパーソンズ(著)高木悠鼓(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・ 1

評価・・・***

備考:かなり過激で初めての人にはわからないだろう
   でも言ってることは真実。英語版も読了。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「なまけ者のさとり方」

著者・・・タデウス・ゴラス(著)山川紘矢・亜矢子(翻訳)

出版社・・・地勇社

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる

著者・・・エックハルト・トール(著) 吉田 利子(翻訳)

出版社・・・ サンマーク出版

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<は>

タイトル・・・伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かった僕がなぜ

著者・・・保江邦夫

出版社・・・ヒカルランド

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・光の手

著者・・・バーバラ・アン・ブレナン

出版社・・・河出書房

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:ダスカロスを師とあおいだアメリカのヒーラー。

   オーラが見える人、ヒーラーを目指す人、オーラが見たい人、

   とにかく人を癒したい人はこの書で沢山の事を学ぶだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・秘儀参入の道

著者・・・ルドルフ・シュタイナー(著)西川隆範(翻訳)

出版社・・・平河出版社 (1986/07)

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

著者・・・エスター・ヒックス(著)ジェリー・ヒックス (著)

吉田 利子 (翻訳)

出版社・・・

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:物欲を奨励する引き寄せだが、この本にはそれだけでない

   何かがあったので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・人は老いて死に、肉体は亡びても、魂は存在するのか?

著者・・・渡部昇一

出版社・・・海竜社

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

備考:タイトル・・・「人は死なない」

著者・・・矢作 直樹

出版社・・・バジリコ

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:臨床医や科学者が霊的世界について書くことがほとんど無い

   日本でフロンティア的な書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「人を動かす」 

著者・・・デール カーネギー(著) 山口 博 ((翻訳)

出版社・・・創元社

ジャンル・・・1  

評価・・・△

備考:?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「人を見たら神様と思え」

著者・・・保江邦夫

出版社・・・1

ジャンル・・・風雲舎  

評価・・・◎

備考:名著・おすすめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・仏陀の言葉

著者・・・白鳥春彦(著)(翻訳)

出版社・・・

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「物理で語り尽くすUFO・あの世・神様の世界」

著者・・・保江邦夫&井口 和基

出版社・・・ヒカルランド

ジャンル・・・6  

評価・・・***

備考:量子力学やUFO好きにはたまらない内容

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・フラワーオブライフ1&2

著者・・・トランヴァロ・メルキゼデク(著)脇坂りん(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:かなり単純な事実を幾何学の迷路で難しく書いているような。。。

   元ヒッピー系ニューエイジャーかも。

   信奉者は多いらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・プルーフ・オブ・ヘヴン脳神経外科医が見た死後の世界

著者・・・エベン・アレグザンダー(著) 白川 貴子 (翻訳)

出版社・・・ 早川書房 (2013/10/10)

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:信頼できる臨床医師による体験と検証。臨死体験やあの世

   について興味がある人に是非読んで欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・ベールの彼方の生活

著者・・・G.V. オーエン (著)近藤 千雄 (翻訳)

出版社・・・潮文社

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「法則の法則」

著者・・・(著)(翻訳)

出版社・・・一条真也

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:今はやりのナントカの法則やニューエイジに殴り込みをかけて

   胸をす〜っとさせてくれた本。ただキリスト教に関しての考察は

   ややラディカルで浅い気がした。葬儀屋さん(仏教徒)だから?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・ポケットの中のダイヤモンド

著者・・・ガンガジ

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:マハルシの直弟子パパジに師事した女性覚醒者ガンガジ
   わかりやすいアドバイタ。これでお目目を覚ましてね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「霊性進化の道―ホワイト・イーグルの霊示」

著者・・・グレース クック (著), 桑原 啓善 (翻訳)

出版社・・・潮文社

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:言ってることはわかるけど翻訳がな〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・本当の幸せをつかむ七つの鍵

著者・・・デイーパック・チョプラ(著)住友進(翻訳)

出版社・・・サンマーク出版

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:この人のものを読むといつもミョーな安っぽさを感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ま>

タイトル・・・見えない世界を科学する

著者・・・ 岸根卓郎

出版社・・・彩流社

ジャンル・・・6  

評価・・・△

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・無我の体験

著者・・・バーナデットロバーツ(著)立花ありみ(翻訳)

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:キリスト教の元修道女が神との一体化を果たした後
   自我というものを喪失した特異な体験について語る。
   自分の体験と重なる部分もあって興味深かった。
   加齢によっても同経験が起こるという最後の
   どんでん返しが面白かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイトル・・・モーゼスの「霊訓」〈上)(下)

著者・・・W.S. モーゼス (著), 近藤 千雄 (翻訳)

出版社・・・コスモ・テン・パブリケーション

ジャンル・・・1  

評価・・・◎

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「モモ」

著者・・・ミヒャエル・エンデ(著)大島かおり(翻訳) 

出版社・・・岩波書店 

ジャンル・・・6   

評価・・・◎ 

備考:30年前に義弟から進呈された。以来未だに魅せられる本。

   物質優先への批判、時間というもの、人間の本当の価値や 

   幸せ、前世のことなど、童話ながらテーマは深遠で興味深い。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<や>

タイトル・・・幽霊を捕まえようとした科学者たち著者

著者・・・・デボラ・ブラム(著) 鈴木恵(訳)

出版社・・文藝春秋

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:近代スピリチュアリズムの歴史を中立な立場から勉強できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・予定調和から連鎖調和へ

著者・・・保江邦夫

出版社・・・風雲舎

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ら>

タイトル・・・ラマナ・マハルシとの対話

著者・・・ラマナ・マハルシ

出版社・・・ナチュラルスピリット 

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:何巻もあるががんばろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・リコネクション

著者・・・エリックパール(著)久美子・フォスター(翻訳)

出版社・・・ナチュラル・スピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:読み物としては確かに面白い。今人気のリコネだが。。。

   こんな単純な方法で宇宙エネルギーに通じたら何もいらんわ。

   という心の奥からのささやきが(笑)

   ワークショップは大盛況らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・臨死体験 9つの証拠

著者・・・ジェフリー・ロング (著), ポール・ペリー (著),

矢作 直樹 (監修), 河村 めぐみ(翻訳)

出版社・・・ブックマン社 (2014/10/2)

ジャンル・・・1 

評価・・・◎

備考:死別の苦しみがぐっとやわらぐ本。それほど説得力がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「リユニオンズ―死者との再会」

著者・・・レイモンド・ムーディ

出版社・・・同朋舎出版

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「霊的世界からの癒し」

著者・・・ゴードン・スミス

出版社・・・徳間書店

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:我らが愛すべきミディアム、ゴードン・スミスは
   今いずこ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・霊術家の黄金時代

著者・・・ 井村宏次

出版社・・・ビイング・ネット・プレス

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・霊の書

著者・・・アラン・カルデック原著桑原 啓善 (翻訳)

出版社・・・潮文社

ジャンル・・・1  

評価・・・***

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・<霊>の探究・近代スピリチュアリズムと宗教学

著者・・・ 津城寛文

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイトル・・・「霊媒神秘修行 イギリスへ」

著者・・・開堂慈寛

出版社・・・道出版

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・霊媒の書

著者・・・アラン・カルデック(編)

出版社・・・近藤 千雄(訳)

ジャンル・・・1  

評価・・・**

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<わ>

タイトル・・・私は何のために生きているのか

著者・・・ハラランボス・ランバート

出版社・・・ナチュラルスピリット

ジャンル・・・1  

評価・・・*

備考:最近ちょっと食傷気味。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「わかっちゃった人たち 
        悟りについて普通の7人が語ったこと」

著者・・・サリー・ボンジャース(著) 古閑 博丈(翻訳)

出版社・・・ブイツーソリューション

ジャンル・・・1 

評価・・・**

備考:見性や覚醒体験について書かれているが、その体験を
   人生にどう生かすのかが書かれていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「私は霊力の証を見た―奇跡の心霊治療」

著者・・・近藤千雄

出版社・・・潮文社

ジャンル・・・1 

評価・・・?

備考:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトル・・・「私を変えた聖なる体験」

著者・・・安藤治

出版社・・・春秋社

ジャンル・・・1 

評価・・・***

備考:自分の体験と同様の事が書かれていて興味深い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(増殖中)

大地震が来たら本に埋もれてくたばるでしょう。

本望だわ。(笑)





posted by おとめ at 14:55 | TrackBack(0) | 読んだ本のリスト