2015年03月27日

ミンボー人風トースト

CIMG3385.JPG
ほんの束の間幸せにしてくれるミンボー風トースト


「芸が無いからゲイノージン」

はその辺でアラ稼ぎしてますが。。。


金が無いからビンボー人

夫を亡くしてミボー人

両方ないからミンボー人!

てなわけで 

なんとか失われた食欲を回復するべく七転八倒の毎日

それに追い討ちをかける経済的困窮。。。


厚生年金だった方々は寡婦年金になり

生活のレベルを下げざるを得ず

うちのように夫に年金がなく

国民年金も満額ではない状況では

いくらノー天気な私でも腹をくくります。

死ぬまで働けミンボー人!


幸か不幸かミンボー人には食欲がありません。

したがって食費は大幅に減りますが(笑)

だがしかし 食べずに病気になってしまっては大変。


スズメの涙の年金からさえ介護保険がさっぴかれ

難病患者からも医療費をふんだくる

とんでもない世の中となっています。


そこで死なない程度にはなんとしてでも

なんとしてでも食べなければなりません。


一晩中泣いて腫れあがった目をこすりながらやっと起き

さて何か食べなくちゃ。。。と思う辛さ。


ミンボー人の朝食の最大の助っ人は

8枚100円もしないただの食パン。しかし!

これをトーストしてもミンボー人にはまず食べられません。

もさもさ、ボソボソは可哀想なミンボー人にはご法度。


そこで!

思い切り散財して 清水の舞台から飛び降りて

やっと買った198円の絞ればOKのホイップクリーム。

こいつがものをいいます。


トーストして安物のマーマレードを塗ったパンに

スライスしたバナナと共にトッピングすれば

どこぞのカフェにいるんじゃないかと思うような

素敵な朝ごはんの出来上がり。


イヤイヤ食べながら必死で考える。。。


傷心の私は今 真っ青な地中海の海を臨む

可愛らしいホテルのカフェにいるのだ、

そうだ!そうに違いない。。。


目の前の築34年のオンボロマンションは

白亜の石でできた建造物だ。

あああ。。。潮風がバルコンから吹きよせ

そばには優しい夫の魂がよりそって肩を抱いている。。。


幼い頃からの空想癖が変なところで役にたつ。

地中海なら食欲も少しは出るってもん。


バリエーションとしてはこんなのも:

CIMG3148.JPG

これは普段のソン〇ンの安マーマレードの代わりに

ちょっと小金が入った時に買う〇ヲハタのアプリコットジャムで。

ゴロゴロ丸ごとアプリコットが入っていてお気に入り。


そして何かの記念日とか 宝くじが300円当たったとか

自分に何かごほうびあげたいとか

そんな日には 大切に買い置きしておいたこれを使います↓

CIMG3416.JPG
ペルーのマンハール(キャラメルクリーム)

ペルー料理の食材屋に売ってますがけっこう高い。

だから一年に何回かしか買えないけど

ミルクの風味が濃くてなんともいえないおいしさ。

ペルーでは日本のあんこのように色んなお菓子に使います。

CIMG3417.JPG
こいつをこんがりとトーストしたパンにたっぷり塗って

CIMG3419.JPG
大胆にも苺とバナナをトッピング

激安の八百屋で250円で買った苺は

冷蔵庫に保管して2,3粒づつ

大切に大切に食べます。

(写真のは見栄はって5粒も使っちゃった。

どうしよう、今晩眠れないよ〜〜〜)

( ̄□||||!!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m




posted by おとめ at 12:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | ミンボー人の食卓

2015年03月07日

久しぶりのおでん

このところ少々寒かったのでおでんを煮込んだ

CIMG3139.JPG

昔おばあちゃんと一緒におでん種を買いにいったのを思い出しながら。

あの頃おでんはたまのごちそうだった。

商店街の大きな練り物専門店へ二人で繰り出し

おばあちゃんはフンパツして色んな具を私に選ばせてくれた。


私が大好きだったのは金魚の形をした練り物で

紅生姜がたくさん入っていた。

おばあちゃんは自分はちくわぶとかつみれとか

安いものばかりを選んで採算をとっていた(笑)


買出しは必ず午前中に行く。

どんなに遅くても3時までに煮はじめないと

夕食には間に合わない。


そういえばどこかの偉い学者が昔

「ちくわぶは江戸っ子の食べ物で

あれはカラシを味わうためにある」

なんて書いてたっけ。


私もカラシをたっぷりつけるのが好きだ。

でもちくわぶだけは嫌い。


おでんは決して煮立たせてはいけない。

トロトロの火でゆっくりゆっくり煮込む。

お鍋一杯作らないとおいしくない。

残ったら次の日はもっともっとおいしくなる。

残り汁はひじきやおからを煮たりしてムダが無い。


いっぱいできた。。。

はんぺん、コンブ、こんにゃく、いか巻き、焼き豆腐に牛筋。。。

それに「ばくだん!」(玉子)

買うとけっこう高い、もち巾着も作ったよ。

関西ではおでんを「関東煮」って言うんだっけ。

案外楽しくお料理できた。


でも。。。。。

そういえば。。。。。

夫はおでんが嫌いだった。

だから私はおでんが食べたい!と思っても

いつもフランス風のポトフとかにしていた。


CIMG3140.JPG


夫のいない今私は好きなだけおでんが食べられる。

さあ、積年の恨みをはらす時(笑)


それなのにどうしてあまり食べられないんだろう。

もっともっと食べればいいのに。。。


無理に口に入れたらおつゆに涙がポトっと落ちた。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございますm(__)m







posted by おとめ at 19:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ミンボー人の食卓