2017年05月15日

飛び込む

CIMG8035.JPG

人生は悲哀、悲しみ、苦しみに満ちている。

幸せな瞬間はほんの少し、うちのスブタの肉みたいだ。(笑)


今幸せだと思っている人、お気楽に生きている人も

いずれは必ず「人生の悲哀」に出くわす。

そうでなければ、逆にそれは人生とは言えないのかも。


たとえばサラリーマンなら何十年も大して好きではない

ハードな仕事をし、周りに気を使い、肩書にこだわり、

履歴を気にし、嫌われないよう世間と同じことをし、

家と会社を往復し、忙しさで季節の移り変わりにも

全く気付かず、それでも家族を持ち、家族に金にモノに執着し、

常に現在に不満でより良い住まい、より良い状態を求め、

ついには病気になり、または愛する家族と死別し、自分も

あと数年の命となった時、自分がいかにからっぽで、

くだらない事に命を費やしてきたか、何一つ本当の事を知らずに

きたかを思い知って愕然とする。


少なくとも私はそうだった。人はそこになんとかして

意味をつけようとむなしい努力をするけれど、そこに

「希望」や「根性」や「道徳」「愛」などをくっつけて

むなしさを忘れようとするけれど、失敗する。


ある人は「神頼み」に行き、「宗教」や「オカルト」

などの世界に救いを求めるがどれも嘘偽りに満ちている。

どれだけ沢山の宗教や教義が人をだましてきたか。

そのためにお互いに殺し合って(今でも)きたか。


何故ならすべてが「自分」で成り立っているからだ。

「経験」「知識」「時間」の泥沼なのだ。


こう書くといかにも悲惨だけれど、初めからそう思って

そういうものだ、と理解していればいいのだと思う。


よくポジティブに生きようとか言うけれど、

そうではなく人生とは苦しみの連続であり

永久に続くものは何一つ無いのであり、

幸せな瞬間はほんの僅かということを悟れば

あるがまま「今」に生きる事を知るだろう。


さらに言えば色々な「苦しみ」に遭遇した時

そこから逃げるのではなく、すすんでそこへ

「飛び込んでいく」ことこそ生きるコツだと

私は思う。それは多分に禅的な生き方だけど。

そうすればもはやそこには苦しみは無くなる。


私は死別後ひたすら逃げていた。悲しみから

苦しみから、孤独から。。。ワークショップや

忙しい活動に逃げ、祈りに逃げ、瞑想に逃げ

自分に何かを教えてくれる物をひたすら求めた。


けれども今ではそんなことは何の解決にもならず

事態を悪くしてしまうだけだと気づいた。

幸いなことにOL時代イジメにあってから

私はある事を対人関係によってすでに学んでいた。


たとえば、私は自分の悪口を言ったりいじわるしたり

そんな可哀想な人に会うと嬉しくてたまらない。

何故ならそういう人たちは素晴らしい「先生」だから。

学ぶ絶好のチャンスがやってきたのだ。


そしてそんな人達をつくづく観察して見ると、

彼らは多くの苦しみをかかえていることに気づく。

すると彼らに対する憐みの心で一杯になるのだ。

それはいじめる人から逃げることでは無く

すすんで彼らの中へ飛び込んでいくことだ。

こうして私は私をいじめた人と友達になった。


そんなベースがあったから苦しみの中でも

クリシュナムルティを読んで共感し、禅をまた

勉強してみたりすることで、悲しみへの対処法も

次第に解決の糸口が見えてきたのだった。

「飛び込むこと」キーワードはそれだった。


対人関係はとても大事だとは思うけれど無理に

良い人ぶることは無い。嫌われないように良い人

を演じると必ずそこには「抑圧」という毒が溜まる。


人を憎たらしいと思ったら「コノヤロー」と心から

思えばいいのだ。もちろん面と向かって言ったり

殴ったりしないほうがベターだけど(笑)


そしてその感情を批判したり「怒るべきではない」

などと善人ぶらないことだ。するべきことはただ

その感情を味わい、その感情になりきり、その感情と

一つになる。私自身がその感情なのだから。


そして(ここが肝心なのだが)その怒りの感情の中に

何があるのかをひたすら見ていくのだ。そこからは

色んなものが出てくるに違いない。それをただ見つめる。


すると誠に不思議な事にその感情はいつの間にか

消えてしまうのに気づいたのだ。私の外側のどこかに

「怒り」という物体があるわけではないので、それを

消そうとしても無駄だということなのだ。


それなのに「反省」したり「私って怒りっぽいな」

と落ち込んだり、その怒りをしずめようとあれこれ

色んな事をしたり、そうなるといつまでもその感情を

引きずって苦しむことになってしまう。


「苦しみ」を「悲しみ」に変えても同じことが言える。

更に「孤独」を感じたらすすんでその「孤独」に

なりきる。孤独をとことん味わう。すべて同じだ。


多分ほとんどの人はそれが怖いために逃避しようとする。

映画を見たり、お酒を飲んだり、忙しい活動に

身を置いたり、大して面白くも無いTVを見たり

その他ありとあらゆることをして、「苦しみ」や

「悲しみ」や「孤独」などから逃げようとする。


人は孤独を恐れる。一人でいることができない。

必ず群れる、はじき出されることを恐れ媚びる。

そこには何の自由もない。むしろ絶対に一人で

いようと思ってもなかなかできはしない。


で、逃げ切れただろうか?ドライブやギャンブル

そのほか色々なことで問題は解決しただろうか?

全く解決していないはずだ。何故なら「あるがまま」

そこに留まる事を決してしないからだ。


けれど一人ある時、その状態をあるがままに味わい

変えようともせず、動かず、ただある時、もはや

そこに「孤独」と呼ばれるものは無くなってしまう。

そこには素晴らしい「自由」しかない。


自分を今よりマシな状態にしよう、と反省するのも

また自己中心的な考え方となってしまう。

そう、人は素晴らしい自分、浄化された自分、

人より数倍マシな生き方のできる自分、などが

欲しくてたまらない。。。それはすべて苦しみを

確実に自分の所へ運んでくるだろう。


なにも変えようとせず、ひたすらそこにとどまり、

そこにある感情を静かに見つめていく。

すると驚くべきものが次々に現れてくるのだ。

でも決してそれを批判はしない。反省もしない。

ただただそこにある真実を観察する。


何も欲しがらず、求めず、ただあるがままにいる時

私は「存在」と共にあり、そこには平和だけがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はちょっと長いですね。

もっと短くしようと思うんだけどなかなか。







posted by おとめ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 苦しみについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449666206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック