2017年04月21日

松本にて

CIMG7030.JPG
松本城


今月東京からPちゃんが遊びに来てくれた。

Pちゃんは以前にも書いたが

私の娘のような存在で大切な人。


久しぶりの再会で妹も大喜び。

三人で春の松本へ繰り出した。


CIMG7609.JPG


松本はうちから電車ですぐのお気に入りスポット。

上品な城下町だ。

お正月にも大好きな友人3人と行った。

その時も楽しかったな〜。引っ越しして寂しい折

友人が来てくれるのは本当に嬉しかった。


CIMG7612.JPG
水の綺麗な松本では街中でも湧水が。


今回は妹も一緒というのがある意味重要なことではあった。

というのも妹は何年間も引きこもりだったから。

それが私が来て半年のうちにまず近所から初めて

徐々に少し遠くまで外出できるようになった。

私はな〜んにもしていない。


CIMG7611.JPG
繩手通り(通称カエル通り)では鳩が水浴びをしていた。


CIMG7610.JPG
こんな素朴丸出しのお店がいいね。紙のちりとり400円(笑)


Pちゃんは松本がとても気に入ったようだ。

あちこち撮影している。

Pちゃんは世界中を旅行してるのに

ここの古い町並みが特にたまらないようで

蔵通りではそのコーフンがピークに達した。

立て続けにシャッターを押し、即フェイスブックへ(笑)


CIMG7605.JPG
蔵通りの定食屋へ。お気に入りの店。外人客が多い。
Pちゃんは名物の山賊焼をペロリ。

CIMG7631.JPG
さらにカフェでデザート。みんな別腹には目がない。
お芋を練りこんだクレープとアイスのセットは絶品。


コーヒーを飲みながら妹は怒涛のように話したっけ。

溜まっていたものが吐き出される。

それを私とPちゃんはただ聞いていた。


努力、根性、〜するべき、〜であらねばならない

などなど、捨てちゃえばいいんだ。

人にも自分にもそんなものを課さない事。

人はどんなにそれに絡みつかれていることか。

てか、もともとそんなものに絡みつかれてる

「誰か」はいないんだけどね。

自分でわざわざ作っちゃってる。


Pちゃんは禅もアドバイタも知らないのに

あるがまま、そのままを実行できる人。


明日のことなど考えない。

過去も顧みない。

全人類がお友達であり自分である、

ということが先天的(?)にわかっている。

すごい。


知識がいくらあっても、浄化しても、瞑想しても

あなたはすべてであり、なおかつ、あなたはあなた

という事がわからなければ苦しみは続く。


苦しいのは必ず「自分」があると思うから。

その自分を良くしようとしたり、人と比べて

ねたんだり、今と違う何かになりたいと思うから。


自我の存続と安心を求める心。。。それは粗大ごみ。

それをまず捨てちゃえばいいんだけどね。なかなか。

でも、そこからすべてが始まる。。。

CIMG7630.JPG
この看板はうけた〜〜〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もご訪問ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝です。










posted by おとめ at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛する人達と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449199946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック