2017年04月30日

読んだ本のリストについて

<読んだ本のリストについて>


以前から読書は好きですが、夫亡き後

それこそ飛ぶ鳥を落とす勢いで

本を読んでいます(笑)


それというのも何と言っても

読書は癒しであり慰めですし

自分自身の固い殻にばかり閉じこもり

外界が見えなくなるのを防いでくれます。


そして誰にも相談できない事でも

いつの間にか答えをくれたりします。


もう年ですし、残された時間はあまり無く、

また生活に追われるミンボー人(ビンボー&ミボー人)

には感想など書く時間はあまりありません。


それで読んだ本の整理も兼ねて

以下のような形でリストへ加え

記録することにしました。


これは時間があるときに行い、

感想が書ければカテゴリの

「読んだ本の感想」へ加えます。


この作業をすることは今の私には

癒しにもなるし、何と言っても

自分を見つめる事にもなるでしょう。


自宅はこれ以上本を置くような

小じゃれたスペースが無いため、

図書館で借りる事も多いです。

(ホントはお金が無いだけなんだけどね)


なので年と共に「ほら、あれ、あの本。。。

なんだけっけええええ〜と。

もう一回借りたいな。チョー面白かったじゃん。

著者はえ〜とおおおお」なんてな事に

ならないようにする為もあります(笑)


多分すべての読んだ本をリストに載せるのは

超カメペースになるのは間違いない

と思いますが、そこはのんびりと。。。


また私と同様に死別や、あるいは

何かのきっかけで調べ物がしたい、とか

何かを見つけるためになんとなく、とか

何か勉強をされる方にとって

ほんのちょっぴりでも私の読んだ本が

参考になれば嬉しいです。



*評価について


評価は独断と偏見に満ちていて

あくまでも個人的なものですので

決してうのみにしないで下さい。


参考にならない参考ていどに(笑)


また評価は読み返すことによって

変わる場合があります。


以下のような評価のマークを作りました。


◎素晴らしい本・座右の書

***とても面白かった

**面白かった

*まあ面白かった・時間つぶしにいいかも

△かなり退屈でくだらない

X読んで損した。時間返せ(笑)


*リストのジャンルについて


読書リスト1(精神世界・心理学)

読書リスト2(哲学・歴史)

読書リスト3(小説・詩・童話)

読書リスト4(絵画美術)

読書リスト5(推理小説)

読書リスト6(その他)


自分が好きなジャンルにとどめました。


書いているリストにある本は夫との死別後に

読んだ本ばかりで、それ以前のものは全く

入っていません。霊界探しや精神世界の本が多く

それは、初めはスピリチュアリズム、そして

次第に禅やアドバイタの世界へと移っています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421990630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック