2015年05月24日

ゴールデンウィークの涙


散った八重桜

地方に嫁いでいる妹が送ってくれた。


この散った花びらの数と

今まで私が毎日流した涙の数と

どっちが多いかな〜なんて考えた。


最近グリーフケアの会に入会して

同じように伴侶を失った人たちと交流している。


みんな口々に「ゴールデンウイークが辛い」

「どうやって乗り切ろうか」と言っていた。


電車の中でカップル、特に長生きの老夫婦を見ると

すごくむかつく、という人さえいた。


その気持ちはよ〜くわかる。


私も夫と共に水入らずでこんな桜を見られる妹が

羨ましくないといったらウソになる。

でも。。。嫉妬するのは間違いだ、

と私の理性が言う。


私だって夫と水入らずで桜を何度も見た。

何度も、何度も。

その時は命が、時が永遠に思えた。

まさか別れがこんなに早く来るとは思わなかった。


夫がガンになってさえ、相当あぶなくなってからも

夫は死なず、必ず治ると信じていた。

どこまでもノーテンキな私だった。


だから妹にはわかってほしい。

この美しい瞬間が この水入らずの時が

いつか八重桜のようにはかなく散るということを。


愛がある限り二人で過ごすその一瞬一瞬が

どれほどかけがえの無いものか

私より早く気づいてくれるといいな〜

と思った。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m

今更ゴールデンウイークの出来事なんて間が抜けてますが。。。

文章をちゃんとまとめる気力がまだ十分無いため

アップするのが大幅に遅れています。申し訳ありません。



posted by おとめ at 21:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 心にもお薬を
この記事へのコメント
うちは、ケンカになったりするので
あまり一緒に花を見ることがないんです。
近所にとてもいい公園があるのに。
あまり穏やかな関係じゃないからでしょうか。いつかはどんな場合でも別れがあるのだけれど、時々、というかたびたび、
考えるのはなんだかやっぱり、
猫との時間や別れの事です。
咬まれたり引っかかれたりすることすら、
たぶん相当になつかしく思うであろうこととか。前の猫に一生残る傷をつけられたんですが、それもかなりお守りのように大切なものとなった経験があるので. . .
って、猫の話ではだめですね。

おとめさんが、今(体は)いっしょにいらっしゃらないので、そういうと辛くなる
ことかもしれませんが、
私は、そんなにも深いきずながある方と
出会えたおとめさんがうらやましく感じます。
それと共に、それほど深いきずなで結ばれているかたと別れるということが、
どんなにつらいであろうということも思います。
Posted by めんまねえちゃん at 2015年05月25日 00:00
こんにちは。

おとめさんのおかげでいろいろな『気づき』があります。

『いつか八重桜のようにはかなく散るということ』を私も肝に銘じて帰ります。

Posted by 箱入り嫁 at 2015年05月25日 14:28
めんまねえちゃん様こんばんは〜♪

夫婦の形はひとそれぞれで、他人からとやかく言われるものではない、と思いますが、やはりどんなカップルでも愛情があるから長い事一緒にいるのだと思います。

一緒にいるのが我慢できなくなって離婚も多い世の中ですが、うちも始めから仲良し夫婦だったわけではなく、ご多分にもれずそんな心境になったことは多々あります。

今思うと、すべて若気のいたり、といいますか、それぞれが自分の立場を主張した結果でした。

夫婦はエゴとエゴのぶつかりあいをいかにして長い人生の間に克服していくか、ということに夫婦としての意味があるのだと思います。

それは神様が下さった勉強の場であり、縁あって一緒になった二人がより魂の向上へむけていけるかの素晴らしいチャンスでもあると思います。

今思うと夫と派手なけんかをしたことが懐かしくさえ感じられます。そんなさまざまな困難をやっと乗り越えたかに思われた頃、夫は旅立って行きました。

こんなダメな嫁でも夫の魂になんらかの貢献をしたのならいいな〜と思っています。

猫はもう子供と一緒で、目の中に入れても痛くない存在ですよね。猫には人間のようなエゴも自己主張も虚栄心もありません。ただただ無邪気な存在で一緒にいるこちらの心が洗われますね。

そんな存在と一緒にいられることもまた神様の慈悲なのでしょうね。
Posted by おとめ at 2015年05月26日 20:40
箱入り嫁さま〜ご無沙汰申し訳ありません〜。

ありがとうございます。私も箱入り嫁様には折に触れ色々気づかせていただきました。

箱入り嫁様なら私が何も言わずとも「今、この時の幸せ」を誰よりもご存知ですよね。

そんな箱入り嫁様の生き方が大好きです。

片割れは亡くなりましたが、これからも「目の前にある小さな幸せ」に気づいて生きていかれますように願っています。
Posted by おとめ at 2015年05月26日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418465637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック