2015年04月04日

ヒヤシンス

CIMG3426.JPG

今年はヒヤシンスでお花見



家中がヒヤシンスの香りで一杯になった。


ほんとうに市販の芳香剤が


いかに人工的かわかる(使ってるけど)



天国の花園にいるような香り。。。


目を閉じると 夫と手をつないで


秘密の花園を散歩しているようだ。



近所のSさんがお花見に行こうよと


誘ってくれたけどどうしても行かれなかった。



最後の入院の時 もう歩けなくなっていた夫を


ようやくタクシーにのせ


その時窓から見た散り始めの桜。。。



夫は苦しそうに息をしていた。


桜を見るどころではなかった。


あんなにお花見が好きだった夫が。



それなのに私は


「とうとう最後のお花見できなかったな〜」


なんて自分の事ばかり考えていた。



あの時の絶望的な気持ちと


自分を責める気持ちが


桜を見るとよみがえってきてしまう。



せっかくヒヤシンスの天国にいるのだから。



だから丁重にお断りした。


Sさんは快くわかってくれた。


「あら、じゃあこんど〇〇でカレーでも食べようね」



嬉しかった。



人恋しくて人に会いたくて仕方ないのに


どうしても行かれなかったお花見。



きっともう一生お花見はできないと思う。


。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m
posted by おとめ at 13:28 | Comment(8) | TrackBack(0) | 悲しみについて
この記事へのコメント
かっくん様こんばんは。あれ?おはようかな〜
jё_ёjj

そうなんですか〜。そういう制度本当にあったなんてびっくりです。思いつきで言っただけなのに。

でも今の年金の現状を見ると圧倒的に握ったお金は邪魔になるもんじゃなし。。。っていう方が多いんでしょうね(笑)

お金持ちほどお金を出し惜しみするのが世の常ですものね。あ、だからお金持ちになるのね〜♪

Posted by おとめ at 2015年04月13日 00:08
おとめ様
こんばんは

年金を辞退する仕組みってありますよ。
老齢・障害・遺族給付支給停止申出書 様式590号
を年金事務所に提出すれば翌月から支給停止になります。

受給者が支給の再開を希望すれば再び受給できますが
停止していた期間の年金は戻って来ません。
あまりポピュラーな制度でないため知らない方も
多いのかも。

裕福な方が辞退すれば年金制度が少しでも延命され
助かる方がいるのになって思います。
Posted by かっくん at 2015年04月12日 00:05
めんまねえちゃんさま!

ごめんなさい!またまたドジな私です。再度のコメントいただいていたのに、このところ一周忌が近いせいか、ブログを見る気にもなれなくて。。。うつ状態です(;;

ほんとうに未だにこんなことでいいのかな、と思うこの頃です。

>おとめさんも、夫さん、うまいこと病気と付き合って、一番悪いときよりよくなって、
いっしょに歩いているときに、桜がきれいだね、というくらいになるかも. . .
と、思われていたのでしょうね。

まさにそのとおりでした。本当にどうしようもない楽観主義者なのでいつも必ず治る!としか思ってなかったんです。だからこの頃私はあんまりにもポジティヴというのもなんだかな〜と思うようになりました。

>おとめさんのところに、夫さんからの合図が時々あるから、もしもおひとりで歩いているときにやむを得ず桜があったりしたとき、
夫さんが一緒に見てるかなあ. . .
他の人とのものではなく、おとめさんにとって桜は、夫さんとだけのふたりのお花なのですね。

本当にねえちゃんは芯から優しい方ですね。そう言っていただけると少しラクになります。

年金、本当に色々なってないです。支払ってくれている若い世代があまりにもかわいそうです。高齢者で十分な資産のある方は年金を辞退する制度を作るべきなのでは、と思います。強請では問題があるでしょうから、あくまでも自主辞退になるでしょうけれど。。。

本当に夫は外国人でしたが、お金目当てで日本に出稼ぎに来たわけでもなく、日本の企業の海外進出のためにテクノロジーの翻訳という橋渡しをして働ききちんと税金を納めてきました。

それなのに今私には寡婦年金も何もありません。

未だに外国人は税金を払っていない、という偏見をもつ日本人が多いのは残念です。

Posted by おとめ at 2015年04月11日 18:36
私、父の時もけっこうぎりぎりまでそう思っていたのですが、
今とても具合が悪いけれど、
奇跡的に回復、完全なる回復ではなくても
いまよりはよくなって、
ちょっと動けるようになって、
病気とつらつらと付き合っていけるかも. . .
と考えたりしていましたので、
おとめさんも、夫さん、うまいこと病気と付き合って、一番悪いときよりよくなって、
いっしょに歩いているときに、桜がきれいだね、というくらいになるかも. . .
と、思われていたのでしょうね。
おとめさんのところに、夫さんからの合図が時々あるから、もしもおひとりで歩いているときにやむを得ず桜があったりしたとき、
夫さんが一緒に見てるかなあ. . .
他の人とのものではなく、おとめさんにとって桜は、夫さんとだけのふたりのお花なのですね。

ヒヤシンス、室内だとよけいに香るかもしれませんね。前のうちで窓がちゃんと閉まらない(家がひし形になってた. . . )ので、ウインドウロックで閉めてましたが、それでも隙間があったので、ベランダのジャスミンが部屋まで香っていたことを思い出しました。どんだけ貧乏なのという感じですが、花の香りがあるとちょっとゴージャス。

年金、ほんとは10年以上払っていたので払いたいなあと思いながら、諸事情で. . . いっとき全額免除だったけれど、基準が変わって、急に全額支払いしなければならなくなり、. . . です. . . (汗)
外国の方が、税金を納めていても年金がなかったなんてひどすぎですね。
わたしのおばも、数か月?足りず結局もらったことがありません。ものすごく働き者で、税金もたくさん納めたのに。
Posted by めんまねえちゃん at 2015年04月08日 23:26
みいさんこんにちは。

そうですか。。。みいさんも。

>主人が生きていても、ここ数年はお花見に行ってなかったんです。

うちも全く同じでした。桜が満開の時、主人は最後の入院で、最後の苦しみと戦っていました。

ガンが見つかった5年前に、手術をする直前に夜桜を見たのが最後になりました。楽しくないお花見だったですが、一生忘れられないお花見です。

あるミディアムさんに言われたんですが、その時お弁当を詰めた重箱みたいなお弁当箱の事を主人が懐かしそうに、自慢げに見せたそうです。

主人にとっても忘れられないお花見だったんですね。

ヒヤシンスの香り。。。こんな言い方変ですけど、ホントに芳香剤みたいです。いやみがなくてすっきりしてていい香りです♪
Posted by おとめ at 2015年04月05日 10:05
めんまねえちゃん様!

そうですね。花は大好きなので、桜さえみなければ大丈夫かな〜(笑)

私も両親とはお花見したことはないかな〜。でも、うんと小さい頃夜桜を近所の人たちと見たのは幼心にぼんやり覚えています。

昭和20年代の事だから、あの頃はお花見は本当にそぞろ歩きで、ただ花を見るだけで、宴会みたいに派手にやることは無かったです。

本当に夫は花を見るどころじゃなかったのに、私は三月にもう瀕死の夫が「まだ僕たちいろいろやれるよね」って言って、私が励ますつもりで「そうだよ、今年こそ桜を見に行こうね」と言ったのがずっと頭に残っていたもんだから。。。

花どころじゃないことはわかっているんですが、どうしてもお花見できなかったのが心残りなんです。


ほんとに、ヒヤシンスってあんなに香りましたっけ?びっくりです。来年もやろうっと。

なるとちゃんの亡くなった記念のオリーブですか。。。それは辛いわね。今度めんまちゃんの〇〇才の記念とかで何か新たに植えられるとかできるといいですが。。。

うちはくーたが5歳の時に何か植えようと思ったんですが、かないませんでした。

木って長くそばにいてくれるとなんだか友達のような気がしますよね。
それにしてもめんまちゃん、早く安心できる状態になりますように。
Posted by おとめ at 2015年04月05日 09:55
私も、お花見には行けませんでした。

主人が生きていても、ここ数年はお花見に行ってなかったんです。
桜の時期に、家に帰ってこれなかったりでしたから。
桜も、もう少し長く咲いていてくれたらいいのになぁ、なんて思ってました。

お花見は、何だかずっと前の記憶です。



ヒヤシンス、どんな香りだったけかな。
思い出せずにいます(・・;)
Posted by みい at 2015年04月05日 08:14
桜のお花見はできなくても、
なにかいつか、ご一緒した時に
別の花が咲いていたら、立ち止まってみるとかくらいなら大丈夫でしょうか. . .

父と夫さんとは全然違うと思いますが、
父って、自分の事ばっかりで、
小さい頃の旅行はともかく、一緒に例えば花見に行ったとか、そういう思い出がないのです。
できたら、たまにはそういうの、したかったなあとふと時々思ったりしています。
母も、誘っても具合が悪いとか、
いつも断ってくるので、
ほんと、一緒に出掛けられるというのが
あればいいのですが. . .
夫さん、あまりにつらいときだと、お花なんてみられませんね。私も自分で世話してる花すら、具合が悪かったら水もあげないままで、自分の辛さに集中してしまう. . .
ヒヤシンスは、ひんやりして高貴で、かつ優しい香りですね。
芳香剤だとどうしても再現できませんねえ。アロマオイル、高級なものですら、やはり生の花のあの香りは再現できてないと思います。

オリーブ残念でしたね。
うちも、引っ越しの時、なるととめんまの記念に、なるとがなくなったときに植えたオリーブが枯れちゃって(涙)。
なんだかとっても罪悪感に駆られています。
一年草でも悲しいけど、木とかが枯れるとほんとにつらいです。
Posted by めんまねえちゃん at 2015年04月04日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416762930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック