2014年10月31日

諸刃の剣

CIMG2419.JPG
10月に図書館で借りた本


読んでも読んでも興味は尽きる事が無く

この世にある書物は無限だ。


その中からこれだ!と思うのを見つけるのは

本当にむずかしい。


特に欧米発の啓発本やスピ本などはかなりアブナイと思う。

チャネリングとかチベットに行ったとか天使とか。。。

とにかくお手軽で、すぐに癒してくれようとする。


金髪で青い目で羽のはえた天使のイメージで

スピ・ビジネスをしている人も多い。

(何故金髪なのか?ギモンで仕方がない)


人気のあるドリーン・バーチューもそうだ。

この人、かなり商売人だと思う。

ミディアムとしては本物かも知れないけれど

セッション受けた事は無いので。。。(笑)


この人のコースで勉強するといわゆるミディアムとしての

「資格」が認定されるらしい。

だけどミディアムってそんなに手軽なものなの?

ウッソ〜〜〜って感じ。


同じ商売人でもアリソンデュボアやヴァン・プラグなどは

もっと好感がもてるけれど。

最初は全くお金をとらなかったというゴードン・スミスは

もっとずっと好きだけれど。


でも、なんで、よりによってみんながみんなの守護例が

古代インディアンとかうさんくさい中国人のおっさんなの?

理由を知っている方がいたら教えてほしいのですが。


アメリカ発のものでいわゆる「引き寄せ」というのがある。

あれは唯物主義のなにものでもないんじゃない?


それを霊魂とかスピリットと一緒にするからにくらしい。


宇宙さんにお願いしてなんでも好きなものがもらえる

なんていう本が図書館で予約一杯なので

読んでみたらトンデモ本だった。


もうちょっとではまりそうになった「奇跡のコース」

これもかなりウサンクサイと感じるようになった。

目が覚めた。

くわばら、くわばら。


その意味でシュタイナーもかなり読み込んできて

どうやら諸刃の剣らしいことがわかってきた。


たとえばシュタイナーは「批判すること」を禁じているが

批判精神なしに本を濫読するのはとても危険だ。

人間関係を潤滑にするには特効薬だけれど。


またけっこう人種差別的なところもあるのよね。

シュタイナーさんて。


というわけであっちこっちつまずき歩く私でした〜

。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m


posted by おとめ at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408073919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック