2014年03月16日

猫の呼び名

名探偵コニャン.png
猫を呼ぶとき本当の名前で呼ぶのは

数えるほどしかない。

とってもフシギ。

たとえば空太の場合は

「くーちゃん」を始めとして

「くー坊」「くー助」「くーにゃん」「クチート」(スペイン語風)

「クタチュウ」(ピカチュウのもじり)「くー様」などなど

その時の気分でいくらでも変わる。

この頃は「坊や」と呼ぶのが一番好き。

どんな名前で呼ばれようと

それでも当人は自分が呼ばれているのを

ちゃんとわかって振り向くので可笑しい。

美実の場合も

「ミミちゃん」「ミーヤ」「ミミネエさん」「ミミ子」

「ミミ助」「ミミータ」(スペイン語風)「おミミ」

などバラエティに富んでいて。。。

どれでもこっちを向いてくれるし

愛情を感じてくれるのだ。

PhotoFunia-65516ad.jpg

とりあえず朝はミミラテでもって。。。

今日もしあわっせ〜♪
posted by おとめ at 21:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 猫なで声
この記事へのコメント
めんまねえちゃん様!

猫は言葉も覚えますね。ボキャブラリーは少ないけど、「食べる?」とか「おいで」とかはわかるし、
返事もしますね。

ミミは主人がスペイン語や英語でも話しかけていたのでトリリンガルです(笑)

「ムーチョ」なんてモロラテンですね。めんまちゃんならスペイン語風に呼ぶと「メンミート」かな?
あれ〜なんか五目肉そばみたいになっちゃったかな〜ごめんなさい(笑)
Posted by おとめ at 2014年03月21日 08:52
いろんな呼び方をしても自分のことだって
わかる、本当ですね!
私はたまたまめんまをめんま、と呼ぶことが
一番多いけど、先代猫ミンミンは、遠い物ではムーチョとかムムチョと読んでて、もう原形をとどめてないのにやっぱり「俺のことやろ?」ってわかって振り向いていました。

そういうのって、とても幸せですね。
Posted by めんまねえちゃん at 2014年03月20日 22:01
箱入り嫁さん、おはようございます〜♪

今朝東京はどことなく風情ある優しい雨が降っています。桜も間近いせいかな〜。

今もコーヒーの香りで一服中。。。束の間の幸せかみ締め中です〜 =*^-^*=

むむ、またそちらの方から強い「気」を感じる〜。
いつもありがとうございます!
Posted by おとめ at 2014年03月20日 08:54
今日もしあわっせ〜♪

この一行で・・・
私もしあわっせ〜(#^.^#)
Posted by 箱入り嫁 at 2014年03月18日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391660268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック