2017年05月12日

ああ渡り鳥

c9d41f58dcb2fc3b944f689ee6508d36_s.jpg

夕方ベランダでぼ〜っとしていたら

突然南から北へむかって飛んでいる

渡り鳥の群れを見かけた。


10羽に満たない小さな群れだったけど

雄大な翼をひろげて、整然と三角形をなし

ゆったりと飛んでいた。


写真を撮りそこなったので無料画像↑

あれは白鳥だろうか。それにしては

時期が遅い気もする。


ムクドリや雀に慣れた目には

素晴らしく新鮮で感動した。

生まれて初めて見たような感じ。

本当にカッコよかったのだ。


こっちに来てから今まで見た事の無い

自然や鳥や花を見ていると、そこには

本当に「見ること」だけがあって、

「思考」や「知識」の入る余裕が全くない。

つまり「自我」や「時間」が全く抜けた状態。


それはそのまま見る者と見られるものが

一体となった状態でクリシュナムルティの言う

瞑想状態となる。そこにはただ幸せ感だけがある。

何故なら「存在」がそこに在るからだ。


この状態をずっと保てると生きることはただ喜び

至福、愛、満足、感謝で一杯となる。


それは何も野鳥でなくてもいい。花でも猫でも

自分の子供の愛しい顔でも、電車の中の素敵な人でも。。。

良い、悪い、なんのかんのとジャッジせずに

ただあるがままに見ていることだけがある状態。

こんな時間をもっと増やしましょう。


それにしても渡り鳥カッコよかった〜。

CIMG7029.JPG
松本城のお堀の白鳥。これは私が写しましたがよく撮れてるでしょ?
奇跡。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もお読みいただきありがとうございます。

毎日300人もの方がブックマークから来ていただき

キンチョーしますが、また再開してよかったです♪

posted by おとめ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | そのまんまの日々