2017年04月17日

なたね梅雨


CIMG7701.JPG

今。。。よけいな苦しみを作るのは自分

それが分かった時苦しみはない。

ちゃんと見た時、感じた時。


たとえば雨が降っている。。。気がめいる。

それだけで自分が不幸の塊のような気分になる。

それは雨が降るという現実をそのままに

受けとめていないからなんだよね。


雨が降っているそのことが

過去に見た映画や、過去の思い出と重なり

今降っている雨とは別物にしてしまっている。


それをやっている犯人は誰だ?

それは「心」⇒「思考」⇒「自分」←「記憶」←「知識」


あらゆる思考がない時

本当の雨の姿が見えるだろう。

本当の雨の音が聴けるだろう。


雨が降っている事自体に何の問題もない。

しとしと降る雨、雨、雨。。。。。


誰も雨をストップすることはできない。

雨、無数の水滴、冷たい、これはなに?

しとしと、しとしと、頬を濡らすもの

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


幼い頃雨の日が大好きだった。

何故なら水たまりに虹があったから。


いつまでもいつまでも眺めていた。

私は水たまりの虹と一つだった。


大きくなってそれが車から漏れた

オイルかガソリンに過ぎないと誰かが言うまで。


あとからつけられた観念や思込みのせいで

私たちって人生を台無しにしてるかもよ。


だから何の先入観も無かった幼年期は幸せなんだ。

なにもかも、ジャッジせず、そのまま見ていた。


ここに大嫌いな人がいるとする。

あなたの頭痛の種だ。

その人の性格が変わって欲しい。

でも。。。

そんな事できるだろうか。

絶対にできはしない。ためしてみよう。


その人を変えようと思うから苦しみが生まれる。

その人はその人でほっておくしかない。


かといってそこで自分を変える必要も無い。

自分も人もそのままでいい。雨と同じこと。


限りなく大きなエネルギーに

すべては一つで一つしかない。


あなたはあなたの世界に

私は私の世界しか見えないけど

両方とも同じ命を生きている。


あなたであるものをどうして変えたりするのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもアクセスありがとうございます。

読んで下さり感謝で一杯です


posted by おとめ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 苦しみについて