2015年06月17日

母と

CIMG4038.JPG

母親がこんな作品を作っていた。


折り紙のモチーフを空き箱に貼り付けただけだが


なんとなくインパクトがある。



伴侶と死別したものにとって


地獄の日々と言われる「ゴールデンウイーク」を


なんとか無事にやり過ごした私は


東京から遠く離れた九州に住む老母に会いに行った。



夫の葬式以来の再会だ。


しばらく見ないうちにまた年取った感じがした。



夫が片方の腎臓を摘出する手術を受けた時


運命のいたずらのように、ほぼ同じ時に


母は骨折して、命がけの手術をした。


私は見舞いにも行かれなかった。



そんな私を弟は非難した。


けれども私にとって夫から一日でも離れるのは


到底出来ない相談だった。



夫の看病をしながら、遠い母を思うのは


今思うとよくも耐えられた辛いことだった。


CIMG4031.JPG

母の背中は太い金属が入ってゴツゴツだった。


ほんの近所までしか外出できない。(;;



私は母のそばで一週間おしゃべりしたり


つとめて明るく料理したりしながら


母に習って自分も同じものを作ってみた。


CIMG4040.JPG

お線香の箱に折り紙のモザイクを貼って出来た宝石箱


白い部分は3束100円のメモ用紙



CIMG4039.JPG

こんなふうに組んでいく



なんだか母のそばで子供のように遊んでいると


とても癒された。


仕事も幸か不幸か(不幸に決まってるが)


否応無くもう半ばご隠居状態だから(笑)


久しぶりに何もかも放り出した。



母と私の夫はとても仲が良かった。


ちゃきちゃきの江戸っ子で美人だった母。


父を亡くしてさぞ辛かった事だろう。



母はミンボー人の先輩。


私よりずっと辛い経験をした人だ。



東京へ帰る日、母を思い切りハグした。


まるで枯れ木を抱いているようだった。


気丈な母が泣いていた。



秋には今度は妹と一緒に行くつもりだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m









posted by おとめ at 12:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム&エコ暮らし

2015年06月09日

青空の舞

CIMG3961.JPG
シンコ・デ・マヨに行ってきた。

一周忌を終え、ゴールデンウイークを境に

このところやっと立ち直りの兆しが。。。

見えて来たかな〜。。。。と実感しています。

あくまでも「兆し」で、まだ毎日涙は出ますが。


そろそろ5月になるのか〜というある日

朝さえずる小鳥の声が変わったことに気づいた。

温かくなって違う種類がやってきたのだろう。

小鳥の声などずっと耳に入らなかったのに

これはすごい進歩だった。


それでも悲しみはなかなか癒えず

相変わらず家でぐずぐず、メソメソしていたら

シンコ・デ・マヨ(Cinco de Mayo)に行こうよ!

と元気印のPちゃんからのお誘い。


こんな時は引きこもりのミンボー人としては

「せっかくだけど。。。」と断るところですが、

大好きなPちゃんのお誘いだし

折りしもペルーへ旅立とうとしていた友人C子も誘って

3人で思い切って繰り出した。


シンコ・デ・マヨ(Cinco de Mayo)とは

スペイン語で5月5日のこと。あちらでも祭日だ。

要するにラテン文化のお祭り日かな〜?


去年も誘われたけど、代々木公園ではデング熱の騒ぎで

「おいしいペルー」のイベントへ行けなかったので

内心ほっとしていたのだが

(まだまだそんな状態ではなかった)

けれども今年は、それじゃ行ってみるかと。

なんとなくその気になれた。

またまたすごい進歩!


CIMG3958.JPG
屋台がずらりと並び久しぶりの人ごみに圧倒された。


メキシコ、ペルー、ブラジルなどラテン料理がいっぱい。

歩きながらお肉を頬張る人やアイスクリームをなめる人。

みんな元気だな〜と思いながらそぞろ歩き。


このイベントでの目玉の一つが民族舞踊のショーだった。

なかでも私の大好きなマリネーラが見たかった。

CIMG3978.JPG
ペルーのコンテストで一位をとったカップルも出場。

CIMG3989.JPG
ステージが終ってもペルーのブースの前では

マリネーラをふんだんに踊って魅せてくれた。

CIMG3992.JPG
子供のダンスも可愛い。

CIMG4005.JPG
みんなクラスで一生懸命練習したのだろう。


主人も大好きだったマリネーラ。

とても美しい踊りだ。

ハンカチをもってよく踊ってみせてくれた。


日本で習う人はまだまだ少ないが

男性はぴったりのスーツに帽子をかぶり

女性はコロニアル風の長いスカートで裸足

髪に花をつけ、実にかっこいい、美しい!


これからダンスを何か習いたい、という人には

超おすすめの穴場だ。

CIMG4001.JPG
じっと見ていたら青空の下 踊り子達から

とてつもない「愛」のエネルギーを感じて

涙が出てきた。


「舞」にはフシギな力があると思う。


人が舞うとき、そこに神様が降りる気がするのは

私だけだろうか。。。


一生懸命のマリネーラを見ながら

私は神様と、そして主人とつながっていた。


こんな美しい踊りを見せてくれる踊り子たちに

自然に愛を感じたから、踊り子たちも

私に愛を送ってくれたのだ。


人に愛を送れば愛を返される。。。

それに反して

人に妬み、うらみ、憎しみなどを送れば

それは強烈なエレメンタル(想念)となって

宇宙空間をかけめぐり、やがては自分に帰ってくる。


つまり人を妬めば妬まれる、憎めば憎まれる

愛すれば愛される。

とは尊敬するダスカロスの教え。


ここで言う「愛」とはあくまでも無私の愛で

普通の男女間や家族間の愛とは別のものだ。


そんなわけで。。。

いつのまにか癒されていた日だった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m






posted by おとめ at 12:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の幸せ