2015年05月24日

ゴールデンウィークの涙


散った八重桜

地方に嫁いでいる妹が送ってくれた。


この散った花びらの数と

今まで私が毎日流した涙の数と

どっちが多いかな〜なんて考えた。


最近グリーフケアの会に入会して

同じように伴侶を失った人たちと交流している。


みんな口々に「ゴールデンウイークが辛い」

「どうやって乗り切ろうか」と言っていた。


電車の中でカップル、特に長生きの老夫婦を見ると

すごくむかつく、という人さえいた。


その気持ちはよ〜くわかる。


私も夫と共に水入らずでこんな桜を見られる妹が

羨ましくないといったらウソになる。

でも。。。嫉妬するのは間違いだ、

と私の理性が言う。


私だって夫と水入らずで桜を何度も見た。

何度も、何度も。

その時は命が、時が永遠に思えた。

まさか別れがこんなに早く来るとは思わなかった。


夫がガンになってさえ、相当あぶなくなってからも

夫は死なず、必ず治ると信じていた。

どこまでもノーテンキな私だった。


だから妹にはわかってほしい。

この美しい瞬間が この水入らずの時が

いつか八重桜のようにはかなく散るということを。


愛がある限り二人で過ごすその一瞬一瞬が

どれほどかけがえの無いものか

私より早く気づいてくれるといいな〜

と思った。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日もお読みいただきありがとうございます。m(__)m

今更ゴールデンウイークの出来事なんて間が抜けてますが。。。

文章をちゃんとまとめる気力がまだ十分無いため

アップするのが大幅に遅れています。申し訳ありません。



posted by おとめ at 21:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 心にもお薬を