2013年11月27日

玄米おむすび/あっちら風

CIMG0796.JPG
ある日の夫用ランチメニュー

*玄米焼きおむすび
(アーモンド味噌とチーズ風味)

*ミネストローネ玉子入り

*ニンジン・リンゴ・レモン・皮ごとみかんのジュース

*デザート(柿・ぶどう)

*ラブレ(植物性乳酸菌)

CIMG0797.JPG
今回大好評だった玄米焼きおむすび

チーズやアーモンドなど使ってるし

焼き立てで熱いのであっちら風(笑)

チーズはチェダーチーズ1/4枚だから

まあいいかって感じで使った。

アーモンド味噌はとてもおいしい。

減塩味噌小さじ1/4に刻んだアーモンドと

アマニ油を入れて練ったもの

堅く結んだおむすびをグリルでこんがり焼いて

ほどよく色がついたらチーズをのせて

さらにさっと焼き上げる。

アマニ油は熱で酸化しやすいので

味噌の方は焼きあがってから塗る。

彩りにパセリのみじんか青海苔を少々

お味噌を普通のにしてオリーブ油にすれば

普通のお弁当などにもよさそう

いつもは食養生に文句たらたらの夫

てか文句言うと私にどやされるので

顔中が文句の塊みたいになってる(笑)

いまいち食事療法を理解していない

ゲルソン先生の本でも

読んでくれるといいのだが

面倒なのか単にイヤなのか。。。

ほとんど済陽式を実行しているので

そんなにきつい食事療法では無いのだが

一年を少々過ぎた頃 ある日突然

「もうジュースは一日一回しか飲まない」

と言い出した。

まあ一回500mlを一日3回だもんね

ムリも無い。

それ以来私も何だか力が抜けてしまい

時々ピザを食べさしてしまったり

誕生日には大好きなオリーブや

スプマンティを飲ませたり
PA232729.JPG
↑大好物のカウサ(ペルー風のポテトサラダ)

ご法度の食塩を入れ過ぎてしまったり

そうこうしているうちに

始めは良く効いていた抗がん剤が

だんだん効かなくなってきた。

抗がん剤と抗がん剤の間隔も短くなっている。

これでは今に身がもたなくなる。

そこでまた気をひきしめて

厳しく監督することにした。

でも今回はニコニコだった。

度重なる化学療法で

ほとんど食欲が無いので

毎日のメニューに行き詰ることもしばしば。

でも 喜んで食べてくれると本当に

涙が出るくらい嬉しい。
posted by おとめ at 12:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事療法